NEXTDESIGN ロゴ
bottom
 

楽曲品質とは

メジャー市販作品と
同等のクオリティで
なければならない意味について

 

SOUND QUALITY

HOME | 楽曲品質について

 
プロの音楽はすでに身近にある

 
アーティスト

 
音楽の制作費をせっかく掛けるわけですから、たとえ音楽制作の依頼に関わるのが初めてであったとしても、プロアーティストやテレビ、ネットや動画で耳にするようなプロ作品とまったく同等のものを形にしなければなりません。
 
不特定多数の人たちに届けるものである限り。
 
そして、プロ制作の予算が従来に比べて大きく下がっていることをまだ多くの人が知りません。これは音響技術や制作機器の進化がもたらした革命なのです。
 
プロアーティストと最初から同じ土俵で戦える、そんな時代なのです。
 
音源の発信方法や収益の仕組みについても、もはやプロアーティストと差はありません。すべての人に等しく可能性が与えられているのです。
その差がもはやないのに、一般的によく知られていない制作方法の違いで楽曲品質で差がついてしまっては元も子もありません。
差があるとすれば、「どのように商業音楽が作られているのか、きちんと知られていない」というただ一点のみです。
 
プロの音楽はみなさんのすぐ身近にあります。
いや、プロのエンターテイメントを今やみなさん自身が発信できるのです。
 
ライブ
 

 
 

99%の音楽はプロ制作によるものである

- 制作予算における音楽の歴史上かつてない革新
 
 
みなさんがテレビで耳にする音楽、ネットで聴く音楽、街角で何となく聴こえてくるストリーミング音源、その99%はプロ制作の制作工程を確実に経てみなさんの耳に届けられています。邦楽も洋楽も同じです。ジャンルも関係ありません。長い商業音楽の歴史の中で膨大に積み上げられてきた確固たる方法論によって生み出されているのです。
 
この音楽制作の絶対的な「世界標準」に逆らえば、たちまち亜流となってしまい、音楽以前に音質面や品質面で大変なハンデを背負ってしまうことになります。
もちろん亜流だからこそ良いという音楽もありますが全体のわずか数%であって、商業音楽の何十年という歴史の中で構築されてきた「世界標準」には絶対に従わなければならないのです。音楽が世の中の誰かを楽しませるものである限り変わることはありません。
 
その「世界標準」こそが「プロ制作」であり、これまでの、またこれからの音楽を支えていく絶対的な礎となるものなのです。
 
そして世界中のプロアーティストと同じ事を、10万円前後からの予算で形に出来るようになったことは、音楽の歴史上かつてない革新でもあるのです。