ネクストデザイン

楽曲制作料の目安や相場について

 

例) 編曲(アレンジ制作)の場合

 
楽曲制作料についていろいろな情報がネットで溢れているようですが、残念ながらその多くは偏った主観が入っていたり間違った情報がほとんどです。ここでは、きちんとした客観的な編曲の制作料金の相場を例に挙げて、メリットやデメリット、楽曲品質における音楽業界の常識なども含めて記していきます。
 
編曲を依頼するには依頼先として3つが考えられます。
 

1.個人制作者
2.音楽制作会社
3.レコード会社

 


 

1.アマチュア個人制作者
(アマチュア/同人作家など) 

 

編曲料金相場 数千円~3万円前後
メリット
制作料金の安さ

SNS等で働きかけやすい
デメリット
楽曲盗用や楽曲品質面のトラブル

連絡不通、納期や金銭トラブル
楽曲制作に関する使用機材と品質
ノートPC1台のみなどアマチュア制作機器による楽曲制作
音楽業界の中でも最底辺の楽曲品質
主な顧客ニーズとその傾向
無料動画のBGMや趣味サイトの音楽

超低予算の制作案件(アダルト、グロ系含む)
有名企業やアーティスト活動での使用例は皆無
安さのみ重視の場合に選択

 
 
料金相場は数千円~2、3万円(作詞や作曲含めても数万円)という価格帯が多く、音楽業界の中でも楽曲のクオリティは極端に低いと言わざるを得ないです。主にノートPC1台での簡易な楽曲制作で完結というような制作スタイルです。いわゆる音楽制作を生業とするプロは存在せず、音楽業界に関わったことのないアマチュア制作者がほとんどを占めている現状があります。近年では仲介募集サイトやSNSなどを介するケースが多いようです。副業クリエイターが大半なので、納期に関しては本業との兼ね合いや制作スキルの問題で数ヶ月など長くなる傾向にあります。これは意外と一般的に知られていません。
 
主に無料動画やアダルト含めた超低予算案件のBGMなどに使用されることが多く、格安予算と引き換えに品質面や盗用などに関するトラブルや、金銭的なトラブル、連絡不通などの事故も多く、楽曲品質よりも低予算のみを重視する顧客のニーズによって成り立っています。制作業務の品質や信用性を重視する有名企業や著名な作品などに利用されることはありません。(企業は楽曲の盗作や改竄などの著作権侵害トラブルを最も嫌うためです)
 
また、アーティストやミュージシャンはプロ、アマチュア両者含めて、この価格帯で楽曲制作を依頼して音楽活動がうまくいっている人は正直なところ見たことがありません。自身の制作機材費や音楽活動費に充てる方がよほど賢明だと言えるでしょう。
 


 

2.音楽制作会社もしくは編曲家
(プロ制作会社/プロ制作者)

 

編曲料金相場 10万円~50万円前後
メリット
プロ品質確保と予算圧縮のバランス

レコード会社等と同等の楽曲クオリティ
デメリット
制作ジャンル等によって制作予算に幅がある

デモ音源や制作実績等の各社検討の手間
楽曲制作に関する使用機材と品質
Protools HDXなど業務機器による楽曲制作
一般民生機による制作会社もあるので注意が必要
主な顧客ニーズとその傾向
多種多様な業界からのあらゆる商用音楽のニーズ

プロやアマチュアのアーティスト活動の音源制作
安いに越したことはないがプロ品質がすぐにほしい
レコード会社等にオファーするほどの大規模予算ではない

 
 
音楽制作会社の編曲料金の相場は、10万円から50万円ほどまで幅があります。制作するジャンルや制作内容によって制作予算が前後します。レコード会社のような大組織ではなくダイレクトな制作進行が可能なので、楽曲完成までの納期がスピーディーなのも特徴のひとつです。設計事務所やデザイン事務所などの在り方に近い音楽制作のスタイルとも言えるでしょう。
 
従来より音楽業界では「制作時間=制作予算」が楽曲品質確保の大前提と言われてきました。つまり、制作時間が掛かる楽曲ほど制作予算も比例して掛かるということになりますが、無駄な制作時間は予算を増やしてしまうことになりますので、近年では逆に制作予算を事前に決めてしまって、制作時間を算出する方法が一般的になっています。その方が顧客側からすると、総額の制作予算が最初から決まっており何より安心だからです。
 
プロ品質を確保した上で制作費を大きく抑え込むには、無駄な人件費や事務手数料、中間マージンなどを大幅にカットする必要があります。 制作機器や設備を削ることは楽曲品質を損なうので絶対に出来ません。そこで、制作に直接関係のないスタッフを極力減らして必要最小限の人員に絞ったり、オンラインに特化した制作プロセスなどで稼働している音楽制作会社が多いです。
 
プロアーティストに限らず一般ミュージシャンや音楽業界以外の一般企業など、全方位の人たちのオファーが業種問わず行き交うのが最大の特徴です。
 


 

3.レコード会社/芸能プロダクションなど

 

編曲料金相場 100万円超
メリット
音楽業界のネットワーク

広告や各種媒体などへのアプローチ
デメリット
制作料に様々な人件費やマネージメント費が乗っかっている

大組織ゆえの旧態依然とした制作プロセスと制作予算
楽曲制作に関する使用機材と品質
大規模な制作スタジオや海外エンジニアの手配等
実際は今や音質や品質面で小規模スタジオと大差はない点に注意
主な顧客ニーズとその傾向
放送や娯楽業界など業界内部での関わりが多い

プロアーティスト活動の音源制作
予算にはこだわらず制作時間を確保したい
タイアップなどが決定しており複数企業間での取引

 
 
レコード会社の編曲料金の相場はトータルの楽曲制作費として100万円を超えることが普通です。編曲家自身にはその制作費の内訳としての編曲料がレコード会社から支払われる形になりますが、トータルの楽曲制作費としてはディレクターやマネージャーなどの人件費やマネージメント料などが大きく乗っかっています。
 
放送業界や広告業界、スポンサー各社など企業ネットワークを武器としており、それが最大の強みです。ただ、ネット先行、パーソナル発信の今の時代にその在り方がややそぐわなくなっている傾向もあり、制作予算に見合う費用対効果が得られるかは検討の余地があります。また、エンタメ界隈や芸能界など業界内部での取引が多く、予算面含めて一般企業はなかなか容易に入り込めない閉鎖的な一面もあります。そのため、レコード会社や広告代理店を介さない自社発信型の企画やイベント案件など、ネット時代ならではの新しい形態のビジネスモデルも増えています。
 
21世紀に入ってから音響技術の劇的な進化により、業務用制作機器に差がなくなっており、大規模な音楽スタジオでも小規模な音楽スタジオでも音質や品質に差がつかなくなったことも留意しておくべき点です。これはまだ一般的にはあまり知られていません。撮影などで大規模なスタジオを使うのは利点があると思います。
 


 
 
このように、音楽制作には大きく分けて3つの制作スタイルがありますが、制作予算や制作内容に合わせて最も適切な方法を考える必要があります。
 
 
 

 
 

|制作・提供実績|
エイベックス・エンタテインメント株式会社
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
NHKエンタープライズ
株式会社ビクター エンタテインメント
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
株式会社セガ
日本ファルコム株式会社
JTBコミュニケーションズ株式会社
GMOデジロック株式会社
ハウステンボス株式会社
株式会社ワコール
株式会社デジタルガレージ
アーティスト楽曲提供
クリスタル・ケイ、小室哲哉、北乃きい、山田優、Beni、
伊藤由奈、白石涼子、BoA、ステファニー、Honey L Days、
渡辺美里、SEAMO、石田耀子、miray、等々、
メジャー作品のクオリティをそのままにご提供させて頂きます。
|お問い合わせ|
お問い合わせ